研究会のご案内

研究会『計算物理学・計算化学によるナノシミュレータを目指して:
          金属・半導体からソフトマテリアルまで』

ナノレベルの計測や実験が難しくなっていくことから、研究開発の効率化の観点から、実験の前にコンピュータでシミュレーションを行ない、有用な結果を得たものについて、研究や開発の対象を絞り込んでいく、ナノシミュレーションが求められています。
ナノテクノロジーの研究開発には、第一原理計算とよばれる原子・分子を対象にしたシミュレーションと、巨視的領域を対象とした古典的シミュレーションを組み合わせた複合的シミュレーションが必要です。適用分野として、例えば、半導体の開発のためのデバイス設計CAD、製造装置シミュレーション、表面詳細解析、材料設計などですが、このような方向で実用化を目指したナノシミュレータを開発することはナノシミュレーション技術の確立に不可欠と(社)経済団体連合会の報告『ナノテクが創る未来社会<n−Plan21>』にも謳われています。

このほど、ドイツからイエナ大学でBechstedt教授のグループで第一原理計算によるシリコン表面上のDNA分子吸着の研究をされているK. Seinoさんが来日されるのを機会に、物理学会中国支部のご厚意による後援で以下のような小規模な研究会を計画します。ナノテクノロジー・ナノバイオテクノロジーの進歩に欠かせないと言われる計算機シミュレーションによる予測・実験解析技術『ナノシミュレータ』の開発の現状の成果と問題点等の議論を深めていきたいと思います。

時間的には若干余裕がありますので、講演希望の方は、石井(ishii@damp.tottori-u.ac.jp)まで連絡をお願いします。計算物理学・計算化学によるシミュレーションの研究発表だけでなく、この機会にシミュレーションに注文をしたい、このようなシュミレーションが求められるという実験サイドからの講演希望も歓迎致します。

日時:2004年6月30日 午後1時〜5時過ぎ
場所:鳥取大学工学部棟2階25番教室
後援:日本物理学会中国支部

研究会プログラム

13:00 はじめに
13:05 - 13:35 石井晃 鳥取大工応数
第一原理計算と動的モンテカルロ計算の融合の可能性:GaN(0001)エピタキシャル成長

13:35 - 14:05 藤原勝敏(鳥取大工電電)、大島俊輔(鳥取大工応数)
第一原理計算と動的モンテカルロ計算の融合の可能性:InAs/GaAs(001)量子ドット形成

14:05 - 14:20 休憩

14:20 - 15:00 K.Seino     イエナ大学
Modification of Si(001) surfaces by organic functionalization

15:00 - 15:40 森川良忠 阪大産研
有機−金属界面の第一原理シミュレーション

15:40 - 16:10 早瀬修一 鳥取大工物質
Gaussian98による昆虫フェロモンEldanolideの配座解析

16:10 - 16:25 休憩

16:25 - 16:55 獅子堂達也 広島大先端物質
新しい誘電材料の設計を目指して:ベリー位相理論を用いた第一原理量子シミュレーション


16:55 - 17:15 長尾陽二 鳥取大工応数
パターニングによるナノ構造自律形成の第一原理計算

フリーディスカッション 『ナノシミュレータを目指して』 モデレータ:石井晃

 

連絡先:鳥取大学工学部応用数理工学科 石井晃
     ishii@damp.tottori-u.ac.jp

戻る