数理物性力学研究室では、社会の人々の行動を物理学の研究手法を用いて研究するという試みを行っています。
最近は、ブログ、Twitter、Facebookなどで、消費やエンタテインメント、あるいは危機的状況の時の人々の行動がわかるようになってきましたので、 そういうソーシャルメディアを活用して人々の行動の物理学の構築を目指して努力しています。

そうした一環で、以下の研究会2つを鳥取で開催します。いずれも石井教授が主体的に関わっています。

 

●ソーシャルメディア研究会 in 鳥取


 日時:2月20日(日)〜21日(月)

 場所:鳥取大学内


 国内の著名なソーシャルメディア研究者が一堂に会し,研究の現状や今後の方向性について意見交換を行う。
 マーケティング・消費者行動の研究者に限らず,関連する諸分野の研究者との交流を図ることを目指す。

 

●第2回妖怪シンポジウム:地方活性化とソーシャルメディアの可能性

 日時:2月21日(月)17:30-19:00

 場所:夢みなとタワー3階 「夢みなとシアター」

 構成:第1部:基調講演 石井晃「大ヒットの方程式」に見る地域活性化とブログ分析:水木しげるロードと世界砂像フェスティバル等」
     第2部:パネルディスカッション「妖怪等コンテンツが果たすソーシャルメディアの拡がり」
     コーディネーター/吉田就彦(ヒットコンテンツ研究所代表取締役)
     パネリスト/桝田知身(境港市観光協会会長)
     梅沢一孔(フォルスタッフ代表)
     澁谷覚(東北大学教授)
     松村真宏(大阪大学准教授)

   

   鬼太郎の町 境港についてはこちらをご覧ください→