自然をつかさどる物理法則には「非線形性」という性質があり,法則自体はシンプルでありながら複雑で多種多様な現象を生み出す源となっています. 私たちの研究室では,流体・連続体(水や空気,プラズマなど)の数理と物理,またそれらの工学への応用について研究しています.

研究Highlight

新着情報

2018-08-07
Physics of Plasmas誌にテキサス大学オースチン校,核融合科学研究所との共同研究論文が掲載されました.第2著者は当研究室の大学院(博士前期課程)修了生です. URLはこちら
2018-07-31
プラズマ・核融合学会誌に解説記事「流れや磁気島のあるMHD平衡の疑似アニー リング」古川著が掲載されました. URLはこちら
2018-04-01
非線形動力学・連続体力学研究グループとしてホームページをリニューアルしました.
ページのトップへ戻る