吉本 芳英

自己紹介

名前:吉本 芳英
職名:准教授
勤務先:鳥取大学 大学院工学研究科機械宇宙工学専攻応用数理工学講座
所属学会など:日本物理学会、TAPPコンソーシアム
テーマ:計算物性物理、特に物質の構造変化に関連するもの

履歴

2000年 3月東京大学大学院理学系研究科物理学専攻 博士(理学)
2000年 4月東京大学 物性研究所 COE研究員
2000年 9月東京大学 物性研究所 助手
2007年 4月東京大学 物性研究所 助教
2010年 1月鳥取大学 大学院工学研究科機械宇宙工学専攻応用数理工学講座 准教授

担当科目

2012年前期

2012年後期

2013年前期

2013年後期

研究の概要

計算物性物理は、コンピュータを用いて物質の性質を明らかにする物理学の一部門である。物質の性質は、物質がどのような原子でできているか、そしてそれら原子がどのように並んで物質を形作るか、すなわち物質の原子構造にその根元がある。そこで物質の構造を扱うのに優れた計算物性物理の手法である第一原理計算を用いて物質の原子構造、特にその構造変化に関わる研究を行っている。また第一原理計算の技術を活用して各種の共同研究を行ってきた。

以下に研究履歴の概略をまとめた図を示す。研究の基幹技術は第一原理計算とマルチカノニカル法である。そこから、三分野(格子モデル、物質構造形成・相変化、表面科学への応用を行ってきている。 research history

研究ハイライト

論文リスト(2010年3月13日)


Last modified: Tue Sep 27 12:06:58 JST 2011