研究室の紹介

数理物性力学研究室は、数理的手法を用いて様々な問題を研究している研究室です。扱う問題は物性物理学、表面科学、結晶工学、超高圧物性から経済物理学にまで多岐にわたりますが、量子力学、統計力学をメインとした数理物理学的手法と計算機シミュレーションによるアプローチという点で共通しています。

(独)科学技術振興事業(JST)の研究プロジェクトの一環としてのCRESTや育成研究、科学研究費補助金など、社会に貢献する多くの研究プロジェクトや、電通・ヒットコンテンツ研究所と一緒に数理的手法による次世代マーケティングなど、多くのプロジェクトを本研究室では実行しています。

  ****************************** お知らせ ******************************

・『朝日新聞』に「AKB総選挙を数理モデル予想 鳥取大教授の上位7人は」に関する石井先生の記事が掲載されました。(2015.6.4)new!記事はこちらです

・『日本海新聞』に鳥取大学サイエンス・アカデミー「ヒット現象の数理モデルによる社会の動きの 解析」(講師:石井晃先生)の記事が掲載されました。(2015.2.15)

・2/14(土)鳥取大学サイエンス・アカデミー「ヒット現象の数理モデルによる社会の動きの 解析」(講師:石井晃先生)が開催されます。→詳細はこちらです

・『毎日新聞』に「2014衆院選:ネットの書き込み、選挙は低調 「自民」「民主」前回選の半数以下 鳥取大大学院・石井教授分析」と題して石井先生の記事が掲載されました。(2014.11.29)→記事はこちらです

・『毎日新聞』「数式で解くヒット現象 研究室だより第6部◆下◆」に「数学の有用性 実証したい」と題して石井先生の記事が掲載されました。(2014.8.28)→記事はこちらです

・『毎日新聞』「数式で解くヒット現象 研究室だより第6部◆中◆」に「ブログ書き込み数を重視」と題して石井先生の記事が掲載されました。(2014.8.7)→記事はこちらです

・『毎日新聞』「数式で解くヒット現象 研究室だより第6部◆上◆」に「AKB『総選挙』の予想的中」と題して石井先生の記事が掲載されました。(2014.7.24)→記事はこちらです

・鳥取大学の「地域社会づくりの最前線」の講義で、石井先生がヒット現象数理モデルの講義を行いました。(2014.7.14)

6月21日(土)開催の国公私立大 合同進学相談会「夢ナビライブ2014大阪会場」で、石井先生が講義ライブを実施します。→詳細はこちらです 

・『読売新聞』 に 「AKB48総選挙 独自の方式で予測」に関する石井先生の記事が掲載されました。(2014.6.7)

・『東京新聞』 に 「AKB48総選挙 数式で予測」に関する石井先生の記事が掲載されました。(2014.6.1)

・『NHKニュースWEB』 に 「数式とビッグデータでヒット現象分析」に関する石井先生の記事が掲載されました。→記事はこちらです(2014.2.28)

・『産経新聞』に劇団四季ミュージカル「ライオンキング」の解析に関する石井先生の記事が掲載されました。→記事はこちらです(2014.1.18)

・『宣伝会議 11学号(2013)』 に「ヒット現象の数理モデル」に関する石井先生の記事が掲載されました。→記事はこちらです (2013.10.8)

・ASCII.jp×デジタルに石井先生のインタビュー記事が掲載されました。
〝OGMから「感情」の動きを数式化!大ヒットの方程式とは"(文:美和正臣)
(2012.12.18)

「全国初!県全域・産官学連携で行う鳥取式EVシェアリング」が経済産業省の補助事業である「石油製品販売業構造改善対策事業費補助金」に採択されました。 石井研究室はヒット現象の数理モデルでお手伝いをします。(2012.9.14)

・経済産業省が、コンテンツ技術イノベーション促進事業の一環として、優れたコンテンツ技術を発掘・評価するために実施している「Innovative Technologies」に「ヒット現象の数理モデル」が採択されました。
10月25日(木)~27日(日)に開催される「デジタルコンテンツEXPO2012」の会場に展示されます。(2012.9.13)

「表面科学の新展開を探る研究会」を平成24年8月10日(金)鳥取大学工学研究科棟 応用数理第2ゼミ室にて開催いたします。公開ですので、どなたでも参加いただけます。参加を希望される方はishii@damp.tottori-u.ac.jpまでご連絡ください。(2012.8.6)

・(株)ホットリンク、(株)エム・データと共同研究で「大阪ダブル選挙、橋本徹氏vs平松邦夫氏」露出影響度や直接/間接の情報伝播力で橋下氏が圧倒的に優位だった。(2011.12.5)

・(株)ホットリンク、(株)エム・データと共同研究で「大阪ダブル選挙、橋本徹氏vs平松邦夫氏」テレビとネットの露出パターンに顕著な差。(2011.12.2)

・仙台で開催されている機能性材料に関する国際シンポジウム ISFM 2011(8/2-6)において、研究室の横山真美さん(D1)が、"Best Poster Presentation Award for young Scientists"を受賞しました。

2/20(日) ソーシャルメディア研究会、2/21(月) 第二回境港妖怪シンポジウム(入場無料)が開催されます。(2011.1.14)

2010年11月7日の日本経済新聞の記事に『大ヒットの方程式』が取り上げられました。(2010.11.10)

・デジタルハリウッド大学大学院 秋葉原メインキャンパスにて出版記念セミナーを開催いたします。当日はUstream(ユーストリーム)を活用した本セミナーの生中継も実施いたします。(2010.10.27)

・デジタルハリウッド大学大学院 主催『大ヒットの方程式』出版記念セミナー開催のお知らせ(2010.10.1)

・石井先生のヒット現象の数理モデルについての著書『大ヒットの方程式』が9月15日に発売になります。(2010.9.10)

・2010年8月4日(水)~5日(木)の2日間、阿南工業高等専門学校の寄付講座及び鳥取大学石井研究室が中心となり、『環境にやさしい材料のための融合領域研究会』を鳥取大学で開催する運びとなりました。(2010.6.18)

・鳥取大学大阪ビジネス交流会で、ヒット現象の数理モデルによるITマーケティングを 発表する石井教授が記事に取り上げられました。( 日本海新聞2009年10月8日 「鳥取大 企業に研究技術提案 大阪でビジネス交流会」)                   

・9月16日に東京で開かれたイノベーションジャパンで、ヒット現象の数理モデルの次世代マーケティングへの応用について、講演とパネルによる研究発表をしました。(2009.8.31)