こんな研究をしています

数理物性力学研究室では、数学・物理学に基づいた数理的手法で、社会物理学と呼ばれる社会現象の分析から物性理論にいたるまで、幅広い分野で研究を行っています。研究手法は大きく分類すると、次のようになります。

・ヒット現象の数理モデルによる社会現象のシミュレーション
・密度汎関数法による第一原理計算

ヒット現象の数理モデル

物理学の手法を応用して、なんと社会を分析します。意外に思えるでしょうが、社会の人々の、ある話題に関する興味関心を数理モデルにして統計力学として扱い、それとビッグデータと呼ばれるブログ、ツィッターなどに書かれたデータの集計とその時間的変化を、あたかも力学の運動方程式を解くようにして解析していく研究手法です。すでに映画興行の分析やAKB選抜総選挙の予測などで広告業界などには有名な研究です。また、この解析・予測を自律的ソフトウェアに開発してインターネット上のロボットとして動かすことにも興味を持っています。

詳しくはリンク先をご覧ください。