研究業績

[1] 吉田就彦、石井晃、新垣久史「大ヒットの方程式 ソーシャルメディアのクチコミ効果を数式化する 」
ディスカヴァー・トゥエンティワン社 (2010/9/15) ISBN-13: 978-4887598461
ヒット現象の数理モデルによる映画興行の研究成果を初めて出版して説明した著書です。
 
[2] A.Ishii, H.Arakaki, N.Matsuda, S.Umemura, T.Urushidani, N.Yamagata and N.Yoshida; The 'hit' phenomenon: a mathematical model of human dynamics interctions as s stochastic process, New
Journal of Physics 14 (2012) 063018 (22pp)
ヒット現象の数理モデルを統計物理学からの導出から映画興行への応用まで示した、英文学術論文として最初の論文で、その内容がAFP, BBC, CNN, 朝日新聞、New York Timesなど世界200社以上で報道された

[3] A.Ishii, T.Matsumoto and S.Miki ; Revenue Prediction of Local Event using Mathematical Model of Hit Phenomena, Prog.Theor.Phys. : Suppliment No.194 (2012) pp.64-72
ヒット現象の数理モデルを鳥取県で開かれた2つのイベントについて応用した論文で、地域社会に役立った

[4] A.Ishii, S.Ota, H.Koguchi and K.Uchiyama, Quantitative analysis of social popularity for Japanese pop girl group AKB48 using mathematical model for hit phenomena, the proceedings of the 2013 International Conference on Biometrics and Kansei Engineering(ICBAKE2013) 143-147  978-0-7695-5019-0/13 DOI 10.1109/ICBAKE.2013.29
ヒット現象の数理モデルが選挙にも応用できることの例として、AKB選抜総選挙を解析した結果の論文で、2013年5月末と6月に朝日新聞で2回報道された。また、鳥取地元の日本海TV(NVT系)でも報道された

[5] A.Ishii, K.Furuta, T.Oka, H.Koguchi and K.Uchiyama, Mathematical model of hit phenomena as a theory for collective motion of human mind in societies, IOS press Ebook: Intelligent Decision Technologies edited by Rui Neves-Silva他、Frontiers in Aritificial Intelligence and Applications 255 (2013) 267 - 276
ヒット現象の数理モデルが映画興行以外でもTVドラマや携帯電話市場など多種多様な市場に応用した論文です

[6] Y.Kawahata, E.Genda and A.Ishii, Possibility of analysis of "Big Data" of Kabuki play in 19th century using the mathematical model of hit phenomena, the proceedings of ACE2013 in Springer LNCS series, Lecture Note in Computer Science 8253 (2013) pp 656-659
江戸時代の歌舞伎役者について、月別に80万件以上の浮世絵データを分類し、これにヒット現象の数理モデルを適用して、歌舞伎役者の評判を定量的に解析できることを示した論文です。

[7] Y Kawahata, E.Genda and A.Ishii, "Analysis of Facebook Adapting the Mathematical Model of Hit Phenomena" ASIAGRAPH2013 in Kagoshima Proceedings, 印刷中
Facebook広告の効果を、具体的に福岡で活動する劇団について、ヒット現象の数理モデルを用いて分析した論文

[8] A Ishii, H Koguchi and K Uchiyama, "Mathematical Model of Hit Phenomena as a theory for human interaction in the society" the Lecture Notes of the Institute for Computer Sciences, Social Informatics and Telecommunications Engineering series volume 0126 (2013) p.159-164  Eds. by K.Glass et al.  (Springer)
ヒット現象の数理モデルの計算で、映画興行で論文[1]で電通の広告統計を利用したのと違い、エムデータ社提供のTV露出秒数データでも同様の映画興行の解析が出来ることを示した論文です

[9] 劇団四季情報 2013年12月20日 『ミュージカル「ライオンキング」をビッグデータ分析!』

 

特許

特許第4810654 号
石井晃、藤原勝敏、大島俊輔
量子ドットの形成方法および量子ドット装置
国立大学法人鳥取大学
2011 年9 月2 日登録